特許翻訳依頼者はどういうところが多いのか?

特許翻訳依頼者はどういうところが多いのか?

クライアントはどういう先になるのかとても気になるところだと思います。

正確に明かしてしまうと企業秘密に関わってしまうので明かすことは出来ませんが、どういう会社が多いかは言えます。

これから先、特許翻訳をするにあたって気になるところだと思いますので、明かせる範囲で回答していきたいと思います。

自分の仕事がどれだけ世界の役に立っているかと思うと仕事していてもやりがいが当然ながら出てきますからね!

GTA公式HPへ

特許翻訳依頼が多い業界

特許ということだけあってやはり何かを開発しているメーカーなどが多かったりします。

メーカーと言っても幅広いのでおおまかに記載していきます。

もちろんそれ以外の業界もあるのでそのあたりも触れていきますね。

特許出願の件数は公式に発表されているので説明しても問題はないはずです。

自動車産業

日本が誇る産業だけあって特許出願数も相当多いです。

全業種でもトップに君臨するくらいです。

もちろん、完成した自動車を作るメーカーだけではなく、それに付随する車体であったり、ランプなどそういう会社も特許の出願数は多いです。

複写機メーカー

こちらも多いです。カメラも同時に作っているということや他に様々なことも同時に進めているので特許の出願数は多いです。

やはり一つの事業に集中しないで多くの事業を並行している企業は特許の出願数が多くなる傾向はあります。

電機業界

総合電機メーカーという言い方が正しいのかもしれません。

やはりこちらも白物家電で有名だったりしますが、コアな重電の部分は最先端のことを行っているので、特許の出願数が必然的に多くなります。

パチンコ業界

ホールではなくパチコン器具の製造元となる企業も意外なことに特許の出願数が多いです。

これは特殊な技術を利用しているからで真似やすいという部分もかかわってくるのかもしれませんね。

化学業界

これらは察しの通り多いのは何となくわかりますよね?

化学というのが技術の結晶なのでしっかりと特許を出願しておかないと追い越されてしまう可能性もありますので、やはり特許の出願数は多くなります。

特許の出願数業界のまとめ

調べていくとやはりメーカーが圧倒的に多いことが判明しました。

しかしそれ以外にも大学であったり官庁だったり国関連も頑張っていること結果も出ています。

年々特許の出願数は増えているので特許翻訳の仕事は当分の間切れそうになく引き合いが続きそうです!

GTA公式HPへ TOPページを見る